500yenOFF
2020/06/09 掲載

【パンダ食堂のアヤコレ #8】 すり鉢で作る簡単レシピ、美容と健康「フムス」

パンダ食堂すり鉢 フムス作り方【画像Thum1】


こんにちは。パンダ食堂・フードコーディネーターの野川彩です。
これからの時期におすすめの、『櫛目のないすり鉢』を使って作るレシピを3回にわたってお届けいたします。
パンダ食堂すり鉢


この2か月間、テレワークで家族がずっと家にいる生活を送っておりました。
結婚をしてから、平日に今まで一緒に食べる事のなかった朝ごはん。
せっかくなら、朝ごはんを楽しもう!と思って、朝ごはん作りに目覚めました。
その朝ごはん作りの中で、たびたび登場していたのが『櫛目のないすり鉢』です。


朝ごはんに、サッと和え物を一品

すり鉢を使った料理は大好きなのですが、後片付けの事を考えると、朝からすり鉢料理なんて『ありえない!!』と思っていました。

でも、この"目が詰まらない"すり鉢は、お茶碗を洗う事と同じくらい後片付けが簡単。(というのも、普通にスポンジで洗って流すだけ)
朝から胡麻和えを作ろうと思えてしまうほどに。"楽"笑!!


こちらは、とある日の朝ごはん、すり鉢に炒りゴマを入れてすり、塩、砂糖、醤油を適当に入れて和え衣を作り、カットしたトマトを加えて和えるだけ。
トマトの黒ゴマ和え【画像2】


トマトの黒ゴマ和え【画像3】
『トマトの黒ゴマ和え』が入った朝ごはん


水菜の白和えが入った朝ごはん【画像4】
こちらは水菜の白和えが入った朝ごはん。


朝ごはんの和え物【画像5】
朝ごはんに和え物があると、なんだかすごく得をした気分で嬉しいです。


これまで、胡麻和えを作るときは、手軽に"すりごま"を使って、ボウルで"チャチャ"っと作る事もありましたが、ちょっとひと手間かけて"炒りゴマ"で擦ると香りと風味が全然違うものです。そんな、"お料理のひと手間"に苦にならないのがこの『櫛目のないすり鉢で作るフムス』の良いところなんです。


今回から3回にわたってご紹介させていただくレシピは、すり鉢といったら、『胡麻和え』、『白和え』を思い浮かべる方が多いと思いましたので、それら以外の料理をご紹介させていただこうと思っています。


まず今回の1回目は
美容・健康にもおすすめの『フムス』です。
『フムス』とは、中東の多くの国で親しまれている、ひよこ豆を使った伝統的な家庭料理です。茹でた"ひよこ豆"に、ニンニク、練りゴマ、オリーブ油、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で味付けしたペースト状の料理。

フムスの原料である"ひよこ豆"は低カロリーでありながら、たんぱく質や食物繊維をはじめ、ミネラル、ビタミンも豊富な食材であることから、美容にもダイエットにも最適食材ということで、スーパーフードとして海外セレブにも人気の料理です。

最近では、日本のカフェやデリでも頻繁に目にするようになり、百貨店に入ってるような輸入食材のお店や、オーガニック食材専門店でも、食べきりサイズで売られるようになっているので、身近で購入しやすいと思います。
今回、そんなオシャレな"フムス"を『櫛目のないすり鉢』を使って、作っていきます!
普段のご飯にもおすすめですし、ちょっとした来客やホームパーティーなどにも重宝するレシピとなっています!

また、今回使用するパンダ食堂『櫛目のないすり鉢』は、内側の櫛目がないので、器としてそのまま食卓に出しても食べやすく、違和感がありません。余分なお皿を使わなくてもよいので、洗い物が減るのも嬉しい"すり鉢"です。


作り方動画とレシピ:『櫛目のないすり鉢で作るフムス』


【材料:作りやすい分量】
ひよこ豆(ガルバンゾ豆)水煮・・・100g
ひよこ豆の煮汁・・・大さじ1
練りゴマ(白)・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
にんにく・・・少々
塩・・・少々
レモン汁・・・1/4個分

【盛り付け】
パプリカパウダー・・・適量
オリーブ油・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量

【作り方】
1.ひよこ豆は粒がなくなるまですり鉢ですりつぶす。
2.練りゴマ、オリーブ油、にんにくのすりおろし、塩、レモン汁を加えてさらになめらかになるまですり混ぜる。
3.ひよこ豆の煮汁で濃度を調整して仕上げる。


【調理ポイント】

・缶詰のひよこ豆(ガルバンゾ豆)を使えばより手軽に作れます。缶詰によって豆の塩分が異なりますので、味を見ながら塩の量は加減してください。仕上がりの濃度もお好みですので、もう少し緩いほうがよければ、煮汁を多めに入れるなど、調整しながら作ってみてください。
・出来上がったフムスは冷蔵で4~5日ほど。冷凍で1か月ほど保存可能です。

フムスのおすすめの食べ方は??

茹でた野菜や生野菜、パンにつけて食べるのが一般的ですが、サンドイッチやトルティーヤ、ピタパンに塗って、具と一緒に食べるのもおすすめです。

フムスの材料とひよこ豆について

フムスの材料は、「ひよこ豆」、「練りゴマ」、「オリーブ油」、「塩」、「レモン」、「ニンニク」。すりつぶしたひよこ豆に残りの食材を混ぜていくだけです。
ひよこ豆は薄皮を取り除いてから作る方法もありますが、薄皮がついた状態でも気にならない仕上がりでしたので、今回の紹介するレシピは薄皮は取らずに作っていきます。
ひよこ豆(ガルバンゾ豆)は缶詰を使えば手軽に作れるため、今回は缶詰を使ったレシピで紹介しています。手作りの乾物の豆で水煮を作って作りたいという方は、下記を参考にして下さい。
〇乾物のひよこ豆の煮方
豆は軽く洗い、豆の3~4倍の水につけて戻す。つけ汁ごとお鍋に移し、豆がゆで汁から出ないように時々水を足しながら、30~40分煮ていきます。
※茹で汁はその後使います。捨てずにとっておきましょう!

〇圧力鍋を使って煮る方法
お鍋で作るのと同じ要領で水で戻す。豆の4倍量の水を入れ、加圧4分ほどで柔らかくなります。同じく茹汁はその後も使いますので、とっておきます。

〇使い切れなかった豆の食べ方と保存方法について
使い切れなかったひよこ豆はタッパに煮汁ごと入れて冷蔵で2~3日。冷凍にする場合には2~3か月は保存可能です。サラダに使うなら、煮汁とは分けてジッパーバックに入れて冷凍、スープなどに使う場合には、煮汁と一緒にジッパーバックに入れて保存します。
サラダにそのままトッピングとしてのせたり、カレーに入れたり、ミネストローネのような具入りのスープに一緒に入れたりしても美味しいです。豆自体に癖がないので、どんな料理とも相性がよいのも特徴です。


次回は中国花椒を使ったピリッと辛い花椒胡麻ドレッシングのレシピと動画をご紹介いたします。ぜひお楽しみに!


パンダ食堂の「櫛目のないすり鉢」の詳細・ご購入は>>こちらから





レシピ作成/writing:「パンダ食堂」 野川彩


  • パンダ食堂ロゴ
  • パンダ食堂野上彩プロフィール


北海道出身。鎌倉在住。フードコーディネーター、管理栄養士、キッチンスタジオ「パンダ食堂」運営

短大の家政科を卒業後、企業の料理講師、調理家電メーカーの販促企画で商品PR、レシピ開発、撮影、テレビ出演などを行う。管理栄養士免許を取得したのち、フリーランスとして独立し現在に至る。
調理家電やキッチンツールを使ったレシピ開発を得意とし、レシピ本監修からTV撮影の調理、スタイリング、出演のすべてをおこなっている。


うつわマルシェ(C) / (C) パンダ食堂



▼使用したキッチンツール
>>キッチンスタジオ「パンダ食堂」 櫛目のないすり鉢 (野川彩監修 レシピ付)

パンダ食堂のキッチンツールセレクションは>>こちら