500yenOFF
2019/07/19 掲載

【パンダ食堂のアヤコレ #1】 直火&レンジでの炊飯も、調理にも使える、次世代お手軽マルチごはん鍋

【画像1】
キッチンスタジオ「パンダ食堂」


土鍋で”ごはん”を炊くって実際問題、難しい!

炊飯器で炊くより「丁度良いふっくら加減、おいしい!」のは分かってるけど、火加減とか難しそうだし、だいたい大きいので、使った後の収納場所に困る。というか、そもそも、直火コンロ2個しかなくて、お料理と同時進行できないから、長く料理時間のとれる土日以外は使えないわ!って…数々の困った声。

働く女性が、家族に、美味しい”ごはん”を炊くって、実は、結構ハードルが高いわけで。

忙しくても、手間なく、土鍋炊飯ごはんを食べたい!

そんな、わたし達の”贅沢なお米への欲望”を充たしてくれる、次世代ご飯土鍋が2019年8月に登場するとの情報を入手。さっそく、当鍋の監修を手掛けるキッチンスタジオ「パンダ食堂」を運営する、フードコーディネーターの”野川彩さん”に取材に行ってきました!

About… パンダ食堂 organizer 野川彩


  • パンダ食堂ロゴ
  • パンダ食堂野上彩プロフィール


北海道出身。鎌倉在住。フードコーディネーター、管理栄養士、キッチンスタジオ「パンダ食堂」運営

短大の家政科を卒業後、企業の料理講師、調理家電メーカーの販促企画で商品PR、レシピ開発、撮影、テレビ出演などを行う。管理栄養士免許を取得したのち、フリーランスとして独立し現在に至る。
調理家電やキッチンツールを使ったレシピ開発を得意とし、レシピ本監修からTV撮影の調理、スタイリング、出演のすべてをおこなっている。

料理する人の理想を形に「パンダ食堂ごはん鍋」


ーーなぜ、ごはん土鍋を監修することになったのでしょうか?

野川彩:以前、(他社の)ごはん土鍋を使って炊飯をしていたのですが、こびり付きや、焦げができやすく、使用の度に蓄積されるので、自然に使わなくなってたんです。
これって、なんだか勿体ないなぁと思ってたんですよね。

ちょうど、そんな課題を漠然と感じていた矢先に、今回のごはん土鍋と、それを使用したレシピのディレクションワークのお話を株式会社スズ木さんから頂いたんです。それで、自分が今回携わることで何か変わればいいなと思ってオファーを快諾させて頂きました。

今までの経緯や経験も踏まえ、色々と試行錯誤をしながら、私自身が仕事やプライベートでのお料理の際に、”ここがこうだったらいいのに”と思う、「お料理する人の便利の理想」を形にしていくプロセスを踏んで、スズ木社の生産担当の方と密にすり合わせながら、どうにか発売にこぎつけられたかなと思います。

【画像5】

ーーなるほど、そんな今回の「パンダ食堂のごはん鍋」の特徴はなんでしょうか?

野川彩:利便性からみて、大きく3つあります。
まず一つ目として、「パンダ食堂のごはん鍋」は、内釜の特殊コーティングが、まるで電気炊飯器のようにツルッとしているので、焦げが付きにくく、取れやすいこと。力を入れずに洗いやすいことが特徴です。

【画像6】

野川彩:二つ目に、同等素材の土鍋のデメリットでもある、”食材のニオイ移り”が無いので、炊飯以外の通常のお料理にも使えることです。さらに言うなれば、この土鍋は蓄熱性に優れているんです。それこそ、開発段階の試用時、予熱だけでサラダチキンや、肉じゃがも作ったりできちゃいました。 例えば、イモ類など、でんぷん質の食材をふっくら仕上げるのにすごく向いていて、特におすすめしたい使い方です。

【画像7】

野川彩:三つ目は、特にホームクッキングシーンの時間短縮や作業負荷軽減につながるんじゃないかと思っていることなんですが、”ガス火”、”電子レンジ”、”オーブン”での調理シーンでマルチに使用できることです。また、通常のごはん土鍋と違い、「パンダ食堂のごはん鍋」は火加減調整が全くいりません。
じっくりガス火に注意を払っていられない忙しい時でも、直火/レンジ問わず、土鍋炊飯の”ごはん”が食べられるんです。

製品のコンセプトは、「炊飯+アルファ」な、マルチなごはん土鍋。
ですが、まずは気軽に、”ごはん”を炊いて、試してもらいたいです。


【画像8】

ーー炊飯にも料理にも使えるって、便利ですよね!まずは、ごはん!とのことですが、やはり、ごはん土鍋と、電気炊飯器で炊くごはんは違います?最近の電気炊飯器は土鍋のように炊けたりと素晴らしい機能がたくさんですが。

野川彩:そうですね。正直、最近の電気炊飯器は熟考されつくしているので、炊き立て直後では、大きな差は無いと思います。でも、体感的に、土鍋で炊いた時のごはんは、冷めてからでも美味しさが落ちにくいと思います。

ーーえ、そうなんですか?!それはなんでなんでしょうか?

野川彩:素材特性として、この「パンダ食堂のごはん鍋」も含む土鍋は全体的に、通常、熱伝導率が悪いことがあげられます。実は、その特性を逆手に利用して、じっくりお米の芯まで熱を通して炊き上げることが本来の土鍋のメリットです。だから冷めた後でも美味しいんですよ。


【画像9】

野川彩:最初にも挙げましたが、特にこの「パンダ食堂のごはん鍋」は、内釜に「特殊セラミックコーティング」を施しています。なので、一般的に高価な土鍋ブランドさんでも特に推奨されているような使用前の”目止め(※1)”作業が全く不要なんです。

(※1)目止め:新品おろしたての土鍋を長持ちさせるため、お粥(お米の研ぎ汁)を事前に炊き込む作業です。お粥を炊くことで米のでんぷん質が土鍋の小さな無数の気孔を埋め、水漏れを防止します。

ーー目止めなしで使えるって、すごく便利ですね!

野川彩:はい、本当にそうなんです。ちょっとしたことなんですけど。
ただ楽っていうだけではなく、そのコーティングが施されていることで、炊飯だけでなく、通常の調理など+アルファの使い方が出来るんです。
例えば、煮込み料理の直後の炊飯も、お米への色移りが防止出来たり、香りの強い食材の調理の直後に炊飯しても、匂い移りなく、お米の本来の香りだけで炊きあがったり。

ーーほかにも、おいしいごはんが炊けるヒミツがありそうですよね?この2つの蓋はどういう意味があるのでしょうか?

野川彩:「パンダ食堂のごはん鍋」は、土鍋本体・内蓋・外蓋の3つのパーツで構成されています。それだけでなく、敢えての深型形状を採用したことがポイントで、深い土鍋本体は、中で最も自然に、お米を対流させ攪拌(かくはん)します。さらに、オリジナル形状の内蓋・外蓋の構造が、鍋の中に圧力を加え、その精度を増します。結果、お米がふっくらと仕上がるんですよ。


【画像11】

野川彩:あと、私自身の使用体験の結果からも言えますが、驚くほど基本的に焦げ付きません。

私の仕事柄、お料理レシピ開発時は、水加減や調理時間ほか、様々な調理条件を変化させて、その料理そのものや、キッチンツールの一番の最適解を見つけるためトライ&エラーを繰り返し行うんですよ。その化学実験室のような工程の中で、「パンダ食堂のごはん鍋」レシピ開発中も例外なく食材が鍋底で焦げる事もあったんですが・・・
そこでついてしまった焦げも、5分程度のつけ置きの後、スポンジでサッとこするだけで、綺麗に落ちました。

そんなイジワルな使い方を除いて、日常のお料理では焦げ付いたことが、今のところ一度も無いです。

ーー確かに、焦げは面倒くさいですね。明日も仕事かと思いながら迎える日曜夜の、お料理後の片付けが楽なのは、本当に助かります!

野川彩:ですよね!後片付けは手間で面倒。誰もがなるべく楽にすませたいと思ってるはず。


デザインコンセプトは、「パンダ食堂」そのもの


【画像12】

ーーここまで「パンダ食堂のごはん鍋」の使用時の機能や、基本的なスペックについて、お話頂いてきましたが、見た目のデザインもマットなブラック単色で現代的。過剰な装飾もなくて、すごく洗練されてるなと感じたのですが、デザイン面のポイントも聴かせてもらえますか?

野川彩:はい。デザインは「パンダ食堂」の在りたい形や色を抜き差し、選択しています。
というのも、「パンダ食堂」の背景には、「こんなキッチンの風景が増えればいいなぁ」って私自身が想い描いている、”キッチン&ダイニング”の理想の姿があるんです。実は人知れず、その理想を少しずつ形にしてきたつもりで。結果、現在ここに辿り着き「キッチンスタジオ パンダ食堂」を運営して、不定期ですがお料理教室も開催させてもらえています。SNS中心に多くの告知を行っているわけではないですが、ここ鎌倉近隣だけではなく、遠方から参加頂ける方々が集まってくれるようになりました。

【画像13】

ーーなるほど、そういう背景があるんですね。そういえば、どうして”パンダ食堂”というネーミングなんですか?

野川彩:「パンダ食堂」の由来は、2006年公開の”映画「かもめ食堂」”を映画館で観て、一気に大ファンになり大きく感銘を受けたことに始まります。自分の人生にとても強い影響を与えてる映画です。

野川彩:この映画の中の、ゆったりとした空間や、主人公の自分のやりたいことを貫く考え方に惹かれ、ここから『食堂』という名前をとりました。
パンダはどこからか?というと、もともと好きだったという事もあるんですが、パンダって、見るとみんなが元気で楽しい気分になれる存在だと思っています。一緒にお仕事をした方や、お教室に来てくださった方に「楽しかった、また来たいな!」と思ってもらえるような空間や仕事ができるような存在になりたい!という願いを込めて「パンダ食堂」という名前をつけました。


ご飯の美味しい炊き方から始まりマルチクッキング


【画像14】


ーー今回、「パンダ食堂のごはん鍋」には、この土鍋を使用した、野川さん監修のレシピ集がセットされているんですよね?

野川彩:はい、そうなんです!フードコーディネーターとしての重要なお仕事の一つでもある、レシピの作成、監修を手掛けさせてもらいました。中身は、ここでは伝えきれないのですが、この土鍋を使用した、ごはんの美味しい炊き方から始まり、和食、洋食、ヘルシー料理からデザートまで、盛りだくさんに寄稿したつもりなので、購入してくださった方は是非、試してクッキングを楽しんでほしいです。

【画像15】
● サイズ: 幅21.5cm ×奥行19.5cm ×高さ15cm
● 素材: 陶器
● 生産国: 日本(三重県四日市萬古焼)
● セット内容: ごはん鍋本体/野川彩監修 「パンダ食堂のごはん鍋」で作る料理レシピ集


お気に入りの道具が、お料理モチベーションに


ーーそれでは、最後に、毎日のお料理が大変だなぁと感じながらも頑張っている画面の向こうのユーザーさんたちにメッセージをお願いします。

野川彩:例えば、新しい道具を新調すると、気持ち新たにお料理を作ってみたくなると思うんです。
なんとなく選んだものや、たまたまあったもの、とりあえず安いものを使って作るお料理と、お気に入りのキッチン道具を使って作ったお料理では、やっぱりモチベーションが大きく変わって、結果見栄えも出来栄えも変わっちゃうんですよね。 なので、毎日のキッチン活動を少しでも楽しくするために、みなさんそれぞれの”お気に入りキッチン道具”を1つは是非、見つけてほしいなって思ってます。
ーー今日は、ありがとうございました!

【画像16】

取材日:2019/6/24
取材班:うつわマルシェ公式長女/次女/三女
書いた人:うつわマルシェ公式 長女みち
編集:うつわマルシェ公式パパ

うつわマルシェ(C) / (C) パンダ食堂
※記事の内容や、写真画像の転載や加工、無断での再利用は固くお断りします。
【画像17】

▼今回、ピックアップした商品
キッチンスタジオ「 パンダ食堂」ごはん鍋 (野川彩 監修レシピ付)