500yenOFF
2019/10/30 掲載

【パンダ食堂のアヤコレ #6】いつもの料理が陶板で格上料理に大変身!

【画像Thum】


フードコーディネーター・管理栄養士のノガワアヤです。

今回発売となる『キッチンスタジオ パンダ食堂 の陶板」

【画像1】

陶板(とうばん)と読みます。よくステーキ屋さんなどに行くと、熱々の鉄板の上にお肉が乗って出てきますよね?それと使い方はほぼ同じ。鉄ではなく陶器で出来ているのが特徴です。直接直火にかける事ができ、そのまま食卓に出せるので料理が熱い状態で提供する事ができます。
こちらの陶板を使うだけで、いつもの料理がワンランクアップして、より美味しくなります。


いつもの料理にも使える陶板

【画像2】

こちらは、とある日の我が家のお昼ごはん。

陶板だからといって、ステーキだけに使うのはもったいない!ぜひこんな感じで、普段の料理の時にも使ってみてください。

これは「豚肉と野菜の生姜焼き」
盛り付けてから少し時間がたっていますが、炒め物から湯気が出ているのわかりますか?
陶板は蓄熱性があり、食べている間は温かい状態で食べる事ができるので、凄く美味しく食べる事ができます。そして、ただの炒め物も陶板に盛ってあるだけで少しランクアップした感じに見えませんか??

豚肉と野菜のしょうが炒めの作り方

実際の使い方を今回の炒め物でご紹介

① 陶板に食材が付かないよう油を薄くしき、野菜をのせて中火強にかける。
② 野菜の焼ける音がしてきたら火を中火~中火弱にし、かさが減ってくるまで火にかけます。(周りが少し焼き色がついてきたら軽く炒める。
③ ある程度かさが減ってきたら肉を加えて中火強で炒め、肉が少しピンク色の状態で調味料を回しかけ、蒸気の熱で火を通します。

お肉→野菜の順に炒めると肉がどんどん固くなってしまうので、肉は最後に入れて調味料と一緒に手早く仕上げるのが美味しく作るポイントです!
出来上がったらそのまま鍋敷きを敷いたお盆にのせれば完成。
フライパンいらずで食器にもお皿にもなる優れものです。


陶板で作れる料理の数々

一番オーソドックスな使い方としてはステーキを焼いてそのまま食卓へ!が定番です。食卓へ持っていってからソースをかけると、「ジュワ~」という音がして、それだけでも食欲がそそります!

音で楽しめるものとしては、「あんかけチャーハン」などもその一つ。
陶板でチャーハンを作って中央にご飯を寄せ、陶板があつあつの状態で周りにあんかけをかければ「ジュワ~」「グツグツ」という音が楽しめます。

我が家の陶板料理の定番は「麻婆豆腐」ですが、こちらもしばらくはグツグツとしていて熱い状態を楽しみながらいつも食べています。

「煮込みハンバーグ」や「ソテー」、「フレンチトースト」、「炒め物」など普段のお料理の時にも使っていただけます。 さらに、鉄板と違ってお手入れが楽で重さも軽いというところも、気軽に使いたい!と思えるところです。食器洗剤で洗って、しっかり乾かせばOKなので、普通のお皿と同じ感覚でお使いいただけます。

そして、フライパンいらずでそのまま食卓に出せるので、洗い物も少し減るところも忙しい方にとってはうれしいですよね。


購入特典のレシピ

商品に同梱されているレシピには

『ステーキ』
【画像3】


『フレンチトースト』
【画像4】


『レンジで作れるチーズタッカルビ』
【画像5】


こちらのレシピも同梱されておりますので、ぜひ参考ください!

耐熱グリルパンと同じく、レンジ、直火、オーブン、オーブントースターがOKです。(IHはお使いになれません)

陶板でちょっとワンランクアップに見える生活をしてみませんか??






レシピ作成/writing:「パンダ食堂」 野川彩


  • パンダ食堂ロゴ
  • パンダ食堂野上彩プロフィール


北海道出身。鎌倉在住。フードコーディネーター、管理栄養士、キッチンスタジオ「パンダ食堂」運営

短大の家政科を卒業後、企業の料理講師、調理家電メーカーの販促企画で商品PR、レシピ開発、撮影、テレビ出演などを行う。管理栄養士免許を取得したのち、フリーランスとして独立し現在に至る。
調理家電やキッチンツールを使ったレシピ開発を得意とし、レシピ本監修からTV撮影の調理、スタイリング、出演のすべてをおこなっている。


うつわマルシェ(C) / (C) パンダ食堂



▼使用したキッチンツール
キッチンスタジオ「パンダ食堂」 陶板 (野川彩監修 レシピ付)